Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-10-30

モーニング娘。'15の鞘師里保さんが突然の卒業宣言をしました。


ご本人の意志でしょうから、我々ファンがどうすることもできない

のですが、こうして休眠していたブログを書いてしまうほどショック

であります。


これまでの活動には、ただただ感謝するしかありません。

どうか、良き人生を歩んでほしいと願うばかりです。



しかし、モーニング娘。にとっては、結成以来の危機ではないかと

思えるのであります。


ひとつは、つんく♂がプロデュースから離れたこと、もうひとつは

今回の鞘師さんの卒業です。

私からはそのくらいダメージが大きく見えるのです。


もちろん、これからもずっとハロプロを応援するつもりではあるの

ですが、はたして鞘師さんを失ったモーニング娘。がどうなるのか、

全く分からないのです。

2015-03-03

本日をもってBerryz工房は長いお休みに入りました。

このアイドルグループすごさを、どうやって知らない人に

伝えたらいいのか、正直よく分かりません。


もし、何十年後かに日本のアイドルグループを研究する人が

いたならば、必ずやBerryz工房に一章を割くでしょう。


私の個人的な印象ですが、Berryz工房はハロプロの中でも

屈指の楽曲の良さを誇ります。

プロデューサーもブログで書いていましたが、Berryz工房

ほどバラエティに富んだ楽曲を与えられたアイドルは

いないでしょう。


特に初期から中期にかけてのシングルはカップリングを

含めて外れなしと言えるのではないでしょうか。

そしてアルバム曲の質の高さは、コアな音楽ファンを

魅了したと思います。



今日のライブは、セットリストや衣装に関してもメンバー

主導で行ったと聞いております。


それはもはやプロデュースされるアイドルの姿ではありません。


活動休止のタイミングは、この時期だったのでしょう。


女性の人生のなかで最も多感な時期を捧げてくれた

皆さんは、これからうんと幸せになる権利があります。


私たちファンは、そのことだけを願ってお礼の言葉に

かえさせていただきたいと思います。


清水佐紀さん、嗣永桃子さん、徳永千奈美さん、須藤茉麻さん、

夏焼雅さん、熊井友理奈さん、菅谷梨沙子さん、そして

石村舞波さん。


本当に本当にありがとうございました。

2014-11-26

今日は道重さゆみさんの卒業の日。

念ながら横アリに行くことはできませんでしたが、BARKSさんに

掲載されていた、道重さんの卒業コメント全文を読んで、不覚にも

ウルッときています。


こんなに素晴らしい言葉を手紙も見ずに伝えることができる。

それが彼女の魅力だったのではないでしょうか。

ありがとう、そして卒業おめでとうございます。


6期最強伝説は、本日、大団円となりました。

2014-11-18

道重さんが出演した「おしゃれイズム」を見ました。

番組の中で、高橋愛さんがVTRで秘話を語っており、

小学生のころ友達がいなくてダンゴムシを飼っていた、

という鉄板のトークをしていました。


ところが高橋さんは「さゆはダンゴムシの踊りができる」と

無茶ぶりをして、道重さんは必死に否定していました。

実際にやってみてカットになったのか、MCが気を利かせて

させなかったのか分かりませんが、オンエアではその提案は

スルーされました。


私はここに、高橋リーダーと道重リーダーの資質の差を見た

ような気がします。


つまり、道重さんは「どうやったら面白くなるか」を考える

ことが得意で、高橋さんは「どうやったらパフォーマンスの

精度が上がるか」を実行するのが得意だ、ということです。



これはどちらが優れているか、ということではないのですが、

それぞれがリーダーだった時期のモーニング娘。がどんな

グループだったのか、ということを考えるときの指標になる

のではないか、と思います。


道重さんは、周りを客観的に見ることができる人です。

プロデュース能力があると言ってもいいでしょう。

なにしろ、つんく♂Pが決めた“ヤッシー”という公式

ニックネームを否定して、“りほりほ”にするぐらいです。


この改変はリーダーの時期にやったわけではないのですが、

どうすれば鞘師が可愛く伝わるか、ということを考えての

発言だったでしょう。


歴代のリーダーで、つんく♂Pのつけたニックネームに

正面からダメ出ししたのは、道重さんだけだと思います。


このプロデュース能力は、バラエティ番組に出演したときに、

自分は視聴者にどう見られており、どうすれば次回も出演でき

るのか、を研究したときに開花したのでしょう。


そんな道重リーダーを窓口にして、他のメンバーを紹介して

いったことが、再ブレイクのきっかけの一つになったと言える

のではないでしょうか。



一方、高橋さんにはそういう能力が欠落しています。

彼女のベクトルは、いかに自分の歌とダンスのパフォーマンスに

磨きをかけるか、に向かいました。


その求道的な姿勢は、周りのメンバーにも伝わり、伝説のプラチナ期に

なったのだと思います。


ただ惜しむらくは、高橋リーダーの凄さが、メンバーとライブ

会場に来た人にしか伝わらなかった、ということでしょうか。


ちなみに鞘師さんも、高橋さんと同じタイプだと思います。



さて、道重さんが卒業後のモーニング娘。で、リーダーは

どんなふうにメンバーをまとめていくのでしょうか。

楽しみに応援したいです。


もしフクちゃんがリーダーになったら、たぶん吉澤さんの

ような感じになるのでは、と想像します。

2014-11-10

オレンジの6番さんのツイッターで、道重さゆみさんのFCイベント

様子を知ることができました。ありがとうございます


その中で、卒業することを知らせた順番の話があって、

1.お姉ちゃん

2.ほぼ同じタイミング絵里

3.お母さん

少し遅れて

4.お父さん

お兄ちゃんにはまだ言ってません

という内容でした。


さゆえりアイドル界の奇跡! 


さらに、モーニング娘。を辞めたいと思ったことが2回ある、

という話で、

「1回目は絵里卒業する時。お母さんにも『絵里が辞めるなら、

さゆみも辞める』って言った。

でも『さゆ絵里がいなくても大丈夫』って言ってくれて。

絵里言葉は間違いないので、信じてやってきて良かった」と。


さゆえりアイドル界の奇跡! と再び感動。


そして、このエピソードを聞いてハァハァするフクちゃんまで

想像できました。


卒業したら、えりりんと2人でのんびりと旅行してほしい

ものです。