Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-09-30

これから人口が確実に減ることが明らかなのに、なんでマンションどんどこ建てている

のでしょう? いま作っておいて売り抜けようということかしら。

Boazです。家賃には泣かされました。

[]チャーリーとチョコレート工場

すんげー面白かった! って、何を今さらという感じだけど、ティム・バートンやる

じゃん、と見直してしまった。


原作は、たしか小学生のときに読んだ「チョコレート工場の秘密」だったと思う。

内容はすっかり忘れてしまったけど、工場の中にチョコレートの大河があるイメージだけ

はしっかりと覚えていた。

でも、工場を見学するのに保護者同伴だったっけ? そのあたりの記憶はあいまいだ。

あと、原作ではブランド名が「ワンカ」だったと思うけど、映画では「ウォンカ」に

なっていた。Wonkaだから、「ワ」と「ウォ」の中間ぐらいの発音なのだね。

根拠はないが、ポーランド系の名前だろうか? 


さて、映画ジョニー・デップの独壇場だ。最高の演技だった。

心を病んだ金持ちのオッサン(しかも年齢不詳)が、大嫌いな子供を招いてチョコレート

工場を案内する、という役をパーフェクトに演じていた。

正確にいうと、子供が大嫌いというより、どう扱っていいのか分からずに怖がっている

という心理を表現しているので、ラスト近くのシーンに深みを与えている。


軽いモーヲタな私は、映画を見ながら、ジョニー・デップが演じるキャラクター

つんく♂を重ね合わせてしまった。

彼の作る音楽に、オーディションで選ばれた女の子たちが困惑している様子は、キ○ガイ

が作った、遊園地みたいなチョコレート工場で右往左往している子供たちとオーバーラップ

する。


子供たちのキャスティングバッチリで、一目でキャラクターが分かる。

しかも、チャーリー以外の奴は、みんな憎らしい。

そのために、それぞれ大変な目に遭うのだが、それは見てのお楽しみ


さらに、ウンパ・ルンパ族という小人がいい味を出している。

あの役者は誰なんだろう? Deep Roy とあったけど、他の映画に出てるのかな。

同じ役者がCGで何十人になって唄い踊る様は、ミュージカル映画を見ているようだ。

曲調もロックありヒップホップありで、音楽監督ダニー・エルフマンが光っていた。


最後に、もうひとつだけ付け加えるなら、主人公チャーリーの父親と母親だ。

この幸薄そうな顔は、笑ってしまうほど真に迫っていた。

特に、母親役のヘレナ・ボナム・カーター。「眺めのいい部屋」では貴族のお嬢さん

演じていたというのに、この貧乏っぷりはどうだろう。

頑固一徹の嫁さん、頑固トメ子もかくあれかし。


もし、まだご覧になってない方は、ぜひぜひ劇場へ足をお運びください。

可愛いリスもたくさん出てくるよ!

2005-09-29

阪神セ・リーグで優勝しましたね。誰かが、阪神の優勝を4回見たら死ぬ、と言って

いましたが、もう3回見てしまいました。どうしよう(^^;

Boazです。チャーミーはどんなコメントをしたんでしょうね。

[]世界の中心で、愛を叫ぶ

テレビでやってたので初めてみた。

原作小説は、とある作家さんに「なんでこれが売れているのか分からないから、ちょっと

読んでみてほしい」と言われて読んでいた。


そのときの感想

(なんじゃ、このあだち充みたいな話は?)

だった。

長澤まさみが「タッチ」で南ちゃんをやるのも、むべなるかな、という感じだ。


恐らく、監督原作を読んで頭を抱えたに違いない。

なんとか映画になるように、原作にない要素を加えてみたのだろう。


だが、それは味の薄いすまし汁にいろんな調味料を加えてしまい、収拾がつかなくなった

のでカレーにしたようなものだった。カレーだったら、たいていの人が好きでしょ、と

いう安易さが感じられた。


何の根拠もないが、悪いのは脚本に名を連ねていた、坂元裕二のような気がする。

なんでこいつに仕事をまわすのかが分からない。


上記のような感想は、映画公開時にさんざん書かれているだろうから、いまさら何を

書いてもしょうがないのだが、この映画で泣いた人は、ある意味ピュアだなぁと思う

ですよ。


そういや、テレビドラマにもなったんだっけ。

見てないけど、どんな話になったのだろうか? 

2005-09-28

密閉型のヘッドフォンをしてテレビを見ておりました。

なんか痒いぞ、とほっぺたを触ってみると、蚊に刺されていました。

Boazです。気づけよ、俺。

[]なまり亭眞鍋かをりが出演できない理由

テレビ朝日系で放送されている「マシューズ・ベストヒットTV+」が、10月からゴール

デンに移行する。毎週火曜午後7時からだそうだが、今までの視聴者がその時間に見るか

しら。


この番組で私が好きなコーナーに「なまり亭」というのがある。

地方出身のゲストを呼んで、地元の名物を食べながら、方言標準語に変換したり、地元

の人と電話して方言を喋らないようにするゲームをして、なまったらペナルティとなる。


可愛い女の子方言を喋っているのを聞くと、非常に萌えるのは私だけではあるまい。

できれば、若い女の子限定でやってもらいたいのだが、オッサンやオバサンも出演する。

まあ、それでも面白いんだけど。


で、眞鍋かをりである。

この人は、最近カップ麺CMに起用されたりしているが、なんとなく立場微妙な人だ。

各局の看板番組に、ドーンとメインを張って出演するというタイプではなく、むしろ深夜

エロトーク有りの番組に出ている方が面白い。

その一方で、教育テレビレギュラーも持っているという、よくわからない方向性で芸能

界を生きているのだ。


さて、そんな眞鍋かをりだとて「なまり亭」のオファーが来れば、事務所だってうれしい

だろう。マシューとのからみも大丈夫なはずだ。


しかし、残念ながら彼女の出身地・愛媛県には悲しい事情があるのだ。

それは、名物料理がない、ということ。

同じ四国でも、香川うどん徳島ラーメン高知は皿鉢料理(あるいは鰹のたたき)

があるけれど、愛媛には「これ」というものがないのである。


いや、愛媛にだって旨いものはたくさんあるぞ、という声もあるだろう。

私だって、ジャコ天は旨いと思うよ。

でも、全国にその名を轟かすような料理があるだろうか? ないでしょ? 


というわけで、眞鍋かをり残念ながら「なまり亭」には出演できんのである。

せいぜい、座ってみかんを食うぐらいなのだ。


万が一、愛媛出身タレントが出演することになったら、私はどんな料理が紹介される

のか、固唾を飲んで見守らせてもらうことにする。


愛媛県よ、そろそろ名物をでっちあげたらどうだろう? 宇都宮餃子とか富士宮

焼きそばとかあるじゃんハヤシライスでもなんでもいいから、とにかく作ってみたら?

2005-09-25

南海キャンディーズしずちゃんは、坂本竜馬の姉の役のオファーがきたら断るべきでは

ないと思います。見たことないけど、たぶん激似だと思います。

Boazです。フランス書院文庫を愛読してます。(←サイテー)

[]ビヨンドtheシー

これも今さらだが、松山映画祭で上映されていたので。

(それにしても、この映画の邦題はどうにかならなかったのか)


ボビー・ダーリンという歌手の伝記映画である。

日本でいうと、坂本九か。違うかもしれないけど。


内容はニューヨーク生まれのイタリアアメリカ人が成功して挫折し、また復活するという

物語である。

私はこの映画ボビー・ダーリンのことを初めて知ったのだが、監督・主演のケヴィン

スペイシーは本者そっくりに見えた。たぶん監督が大好きだったのだね。

映画の出来としては、まあ普通だった。


芸人の一代記を描いた作品では「レニー・ブルース」なんてのがあるけど、こういうのは

同時代にその人に接した人が一番感動するんだろうと思う。


私が映画を見ながら考えたのは、全く別のことだった。

ボビー・ダーリンの妻でサンドラ・ディーという人が出てくるのだが、この人がけっこう

キュートで、テイスト石川梨華さんに似ていたのだね。


たぶん、石川さん60年代米国ファッションがズバッとはまると思うのだ。

だから、当時のファッションシチュエーション・コメディをやったら、かなり可愛い

のではなかろうか。

奥様は魔女」みたいな新妻をやったらいいんじゃないかな。演技はともかく。


[]えりりんの株が上がった

これまた今さらながら、モーニング娘。春コンのDVDを見た。

その特典映像で、えりりん石川さん写真を撮るシーンがあった。

リd*^ー^)「石川さーん、絵里もー」

( ^▽^)「ごめん、絵里あとで!」

リd;^ー^)「‥‥‥‥」

とスルーされてしまう。

このときのえりりんの表情が何とも言えず面白かったが、その後でちゃんとツーショット

写真を撮ってもらって、えりりんれいなと何か喋るのである。

そのときに

リd*^ー^)「これで絵里の株は上がった」

と言うのだが、今時の女子高生がそんな言葉遣いをするのかー、と驚いた。

前にもえりりんエリック亀造のコーナーで

リd^ー^)「「○○してくださいやぁ」

と言っていたが、おそらく身近に職人さんのいる環境で育ったんだろうな。

あるいは、おばあちゃん子なのかも。


写真集「DAYS」で、えりりんの株は急上昇中ですよ♪

2005-09-20

[]香港ソロ

香港では、全員がそれぞれソロで唄いたい曲を披露したらしい。

なんでそれを普段のライブでやってくれんのだろうか? 

時間がないからかね? 

2005-09-19

10月の番組改編期には、また「岡村女子高」をやってくれるのでしょうか? ミラクル

展開を希望します。

2005-09-18

[]DAYS

えりりん写真集「DAYS」が届きましたよ。天国のドアが開きましたよ。

しかも、今回はDVDも付いております。どうなってるんでしょうか? 私の幸運は

もはや打ち止めなのでしょうか? 


今回の写真集のコンセプトは、ズバリ「ふともも」である。

最初をバスケットボールシュートしている写真で始め、最後にマウンテンバイクに乗って

いる写真で締めくくっていることを見ても、それは明らかだろう。


確かに、えりりんの脚は太い。

でも、私は、えりりんの脚が大好きだ(←何を言っておるのやら‥‥)。

両ももを閉じたとき、向こうが見えるような細い脚は嫌いなのだ。

よくぞ自転車に乗せてくれた。

よくぞプリーツミニスカートをはかせてくれた。

ありがとう、斉藤カメラマン


ふとももは安心感である。

ふとももは母性である。

ふとももはエロスへの入り口である。

ありがとう、えりりん


もう一点は、フーセンガムであろう。

えりりん萌えポイントのひとつに「アヒル口」があるが、今回はそこを膨らませた。

(うまいこと言った‥‥のか?)

カバーをめくると、

「ふーせん♪」

という顔のえりりんがいる。


フーセンガムは子供が食べるものである。

だが、えりりんは、いまこの瞬間にも大人になっているのである。

フーセンガムは、一瞬にしてふくらんでしぼんでいく、少女期を表している。

人生でフーセンガムを膨らましていい一瞬をとらえた、かけがえのないショットなのだ。


ドレッシーな服は、もっと後からでも着られるから、えりりんはもう少しだけフーセン

ガムを噛んでいてほしい。

ああ、気持ち悪いオッサンのたわごとだ。


それにしても、DVDを出すときにやたらと手間取ったのだが、他のみなさんはどう

でしたか? ちゃんとビニールが切れていましたか? 

2005-09-15

クルマのCMに出演している有名人は、誰一人としてそのクルマのオーナーではないと

思います。

Boazです。イメージって大切よね。

[]ダウンタウンDXで

今日の「ダウンタウンDX」に保田圭さんが出演していた。

ま、本人は特に目立つということもなく、普通だったのだが、<視聴者は見た>という

コーナーで椿事(というほどでもないけど)が起こった。


<視聴者は見た>というコーナーは、一般視聴者が、街中で芸能人がこんなことをして

いるのを見たよ、と番組宛に知らせる内容である。その目撃談が面白いと採用される。


で、格闘家角田信朗サザンオールスターズコンサートに来て、ノリノリで踊って

いた、という目撃談が紹介された。

それによると、角田は一曲分の振り付けを完璧にこなしていて驚いた、とのこと。


さらに、それを番組中に披露したのだが、完全にヲタ芸だった。

芸能人がやると許されるんだろうか? 別に他の出演者たちも引いていなかったし。


ちょっと哀しかったのは、出演者の中で、おそらく誰よりもヲタ芸を見ているはずの

保田圭さんが何のコメントも発してなかったことだ(あるいはカットされたのかも

しれんが)。


私は、前後左右に迷惑をかけない限り、どんな行為でもライブを楽しんでいいと思う

けど、見ていて恥ずかしかったのも確かだ。

なんで恥ずかしかったんだろうか、と考えたけど、単に素人が踊ってるからか、という

結論しか出なかった。


ま、ヲタ芸は自分で打つもので、鑑賞するもんではないのでいいんだけど。


前にモーニング娘。アスキーアート(リd*^ー^)こんなやつ)のことを書いたけど、

まだネットが発達してなかった頃の80年代アイドルアスキーアートを作ってる人っ

ているんだろうか? 

ちょっと見てみたいなぁ‥‥。


おしまい。

2005-09-13

大河ドラマ義経」出演のごっちんは素晴らしい演技でした。兄妹が対面するとき、ごっちんの衣装はピンクでした。ピンク? 「ハロモニ劇場」のペン子もピンク‥‥。

ぜひペンギンバージョンで能子をやってもらえないものでしょうか? 義経役は男前よっすぃーで。

2005-09-11

自民圧勝みたいですね。いよいよ、私のような負け犬が淘汰される時代になったようです。

Boazです。近鉄バファローズが好きでした。

[]動物美少女

えりりんが子ライオンにキャーキャー言ってたけど、それを見ている私が

内心キャーキャーだわ(‥‥すいません、無理しました)。


それはともかく、動物美少女である。

以前から「モーむ素部屋」の復活を望む声が多いが、動物娘。たちをひとつの部屋に

閉じ込めて観察する企画も見てみたい。


ただし、全員がひとつの部屋にいるのではなく、あくまでも個別である。

動物娘。の一対一の勝負だ(←?)。

しかも、密室っぽければなお良い。

たとえは悪いが、AVの「ハメ録り」感が出れば最高だ。

ホテルの部屋で、固定のCCDをいくつかと、本人が撮影するカメラを使って撮影して

いただければ、そういう雰囲気になると思う。


なお、べつに子ライオンや子トラのような希少動物でなくても、子犬子猫で十分だと

思う。ハムスターも可。


いまの娘。メンバーだと、犬派の方が多いのかな? ミキティえりりんは犬を

飼っているはずだし、ガキさんさゆみんハムスターだっけ。

れいなは猫で。できれば子猫2匹ぐらいと一緒に閉じ込めてください。

そして遊びつかれて一緒に昼寝をしているところを寝起きさせてください。

すいません、筆がすべりました。


‥‥しかし、下手したら単なるイメージビデオの出来損ないになりそうな気がする。

2005-09-05

[]娘DOKYU!

先月、友達が首都圏で録画してくれた「娘DOKYU!」のDVDをまとめて送ってくれた。

ありがたい。

ヲタ関係ではほとんど評価されなかった番組だが、私はけっこう好きだ。

で、メモをとりながら「娘DOKYU!率」を計算してみた。


この番組の4~6月期では、冒頭でハロプロの誰かが「娘ドキュっ!」と言う。

それを数えてみただけだが、たぶん誰かやってるかな。


結果は以下のとおり。

ちなみに放送は4月5日7月2日までの全65回。

基本的には一人で登場するが、二人で言う場合はそれぞれ一回とカウントした。

(ただし、二人画面に登場しても、言葉を発しない場合はノーカウント

なお、同率のメンバーは放送順に表記。


1位(7回)10.8%

  高橋愛道重さゆみ小川麻琴


2位(6回)9.2%

  夏焼雅田中れいな新垣里沙


3位(5回)7.7%

  三好絵梨香岡田唯紺野あさ美亀井絵里


4位(4回)6.2%

  熊井友理奈


5位(3回)4.6%

  菅谷梨沙子嗣永桃子


本編収録時にまとめて撮影していると思うが、ベリーズ工房たちは少ないのね。


ざっと見て気がついたことは、道重さん田中さんはかなりポーズバリエーション

豊かでこれはスタッフの指示なのか、自発的なのか不明だけど、とてもよかった。


次は「ナイショ話」をカウントしてみようかな。