Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-11-17

今日、NHK7時のニュース天気予報で、ミキティふるさと滝川が映っていました。

除雪車が動いており、雪国の厳しさを感じました。

Boazです。道産子娘。さんたちは雪かきをしてたんでしょうか? 

[]TBSの病み方

本日の「うたばん」にモーニング娘。が出演した。

番組は、スタジオ火災が発生したというドッキリを仕掛け、彼女たちの慌てる様を

収録していた(←悪趣味である)。


一番怖がっていたのは、新メンバー久住小春ちゃんで、よっすぃーにしがみついていた。

リーダーは頼られているなぁ、と微笑ましく見ていた。

避難するときも、こんこん麻琴えりりん重さんとペアになっており、仲良しぶりを

見せつけていた。


とはいえ、モーニング娘。の出演時間は、歌を含めて8分ちょっと。

避難しているときに彼女たちはフリップを持っていたのだが、あれは何だったんだろう? 

もったいない話である。


うたばん」のモーニング娘。に対するスタンスは、好きな女の子にわざと意地悪する

小学生、というものである。

もともと石橋貴明の芸風だったのだが、TBSはそれを過剰に演出していると思う。


そして、モーニング娘。番組と共犯的な関係だった頃(保田圭さん卒業まで)は、

よかったのだが、石橋のトークを上手にさばける子がいなくなってから、面白くなく

なり、病的になった。


それを象徴するのが「化学くん」である。

それ以前にも、「うたばん」では気持ちの悪いアニメを流していたのだが、ああいう

感覚の番組作りはTBSの体質ではないかと疑っている。


付け加えるなら「筑紫哲也ニュース23」も、オープニング曲や番組でときどき

作られる政治家人形の造形が、どうしても気持ち悪く感じてしまう。

私の感覚が合わないだけなのかもしれないが、悪い意味オタクっぽいのだ。


だから「エウレカセブン」とか「Blood+」のようなアニメ親和性があるんじゃないか、

という根拠のない印象を持ってしまう。

いや、両方とも見てるんだけどね。