Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-12-13

もしも過去に戻れるなら、1992年7月の自分を殴りに行きたい。

Boazです。取り返しのつかないことは、いつも後から気がつくのです

[]サクラ大戦

このあいだ「サクラ大戦5」をやり終えた。

コンプリートは、まだまだ先であるが、一周目の印象は、そこそこ面白い、だっ

た。

私はこのシリーズを、セガサターンの時代から約9年間たのしませてもらってい

る。

最高傑作だと思うのは、巴里華撃団が活躍する「サクラ大戦3」だが、この作品

最初にドリームキャストで発売されたため、内容の割には評価が低いような気が

する。


この作品の裏テーマは、恐らく「不思議の海のナディア」である。

メインきゃらの声優が「ナディア」とほぼ同じというのは偶然ではなかろう)

悪役も動物モチーフにしており、前作の陰陽道っぽい暗さはない。

何より、オープニング・アニメシリーズ一の出来である。

だが、滅びゆくドリームキャスト運命を共にした「サクラ大戦4」は最悪の出

来だった。

1~3のキャラクターが全員登場するので、コンプリートするには13人分のエン

ディング

を見る必要がある。これはプレステ移植されることはなかろう。


で、満を持して発売した「サクラ大戦5」は、手堅くまとめている。

とはいえ、9・11同時多発テロがあった後では、米国の印象が違って見える

ために、ゲームに没頭できない。


次回作があるのかどうかは不明だが、別の国の華撃団を楽しみにしたい。