Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-01

[]Berryz工房SSAライブ

ようやくオーディオコメンタリーも聴くことができました。

これは、いい試みですね。

メンバーが苦労したところとか失敗したところが聞けて、すごく

得をしたような気になります。


演者である彼女たちも、自分のライブを客観的に見て楽しみたい

んだろうなぁ、と思いました。

名前で呼んでくれたら返事をしちゃいそうになる、とか言われたら

ヲタとして最高でしょう。

サイリウムキレイだったとか、お客さんと目が合っちゃうとか、

これを聴いたら在宅派でもライブに行きたくなっちゃいます。


ときどきライブに入り込みすぎて、全員が無言になっている

ところがあるのですが、あわてて何か言葉を入れているところを

みると、収録時に誰かが指示していたのかもしれませんね。


このライブは「二度とない瞬間である」と銘打たれているように、

通常のものとは違う、特別な選曲になっているのでしょう。

シングル曲を中心に、これまでの活動の集大成というかたちが

とられていると思います。


私はデビュー時からBerryz工房のファンだったわけではありませ

ん。ヲタ界隈も、コアな人を除くと、それほどウェルカムな雰囲気

ではなかったように記憶しています。


おそらく、デビュー時には全員がギリギリ小学生だった、という

ことがあるのでしょう。

デビューシングルあなたなしでは生きてゆけない」を聴くと、

制作サイドはそうとうツッパッてたんだなぁ、と想像します。

こういう切迫感のあるR&Bの楽曲を小学生に唄わせるなんて、

ちょっと背伸びしすぎじゃない? と思うのです。

現在Berryz工房でも、まだ歌としてこなれていないような

印象さえあります)


その次のシングルファイティングポーズはダテじゃない!」で

ようやく年齢相応の楽曲が来たような気がします。

逆にいま唄うと幼い感じがするのですが、どうでしょうか? 


その後、「スッペシャル・ジェネレーション」でブレイクし、

Berryzシングルカップリングに外れなし、という伝説さえ

生まれました。


こうしてBerryz工房が切り開いた道を、℃-uteが追いかけてきて

いる、というのは言いすぎかもしれません。

しかし、℃-uteメジャーデビューシングル桜チラリ」の

明るさと比べて、Berryz工房の「あななし」の暗さはどうしても

気になるのです。


ま、こんな世迷いごとはどうでもいいんですけどね(^^;

オッサンの妄言はこのくらいにして、ライブ楽しみたいと

思います。


私が一番好きな衣裳は、モンドリアンのやつです。

f:id:Boaz:20070702063310j:imageモデル熊井ちゃん

こういうスタイリッシュデザインを、できればDVDジャケット

等にも適用してほしいのですが‥‥

(たしかSMAPアルバムでやってましたよね)


そして何といっても「日直 芸能人の会話」での、とっくま

モデルウォークですよ! 圧倒的じゃないか、我が軍は! 

f:id:Boaz:20070702063918j:image(この勇姿を見よ!)

オーディオコメンタリーでも、メンバーにうらやましがられて

いた手足の長さを生かした、見事な演出だったと思います。


从´∇`从<(熊井ちゃんと)歩くの練習したんだよね


チナミー至福の三分間なのでした。


この「日直」を見ていて気づいたのですが、熊井ちゃんは横顔も

美しいですな。

ふだんは正面からのショットが多いのですが、真横から見ても

最高だと分かりました。ギリシャ彫刻のようです。


ああ、それから「ありがとう!おともだち。」のVTRもいい作品

でした。このDVDに収録するだけじゃもったいない

もっとたくさんの人に見てもらったら、きっとファンが増えると

思うんだがなぁ‥‥


最後は全員、涙なみだでお別れでした。



ここでこんなことを書くのは、全く空気を読めてないことは

分かっているのですが、やっぱり書きます。


もともとBerryz工房メンバーを入れ替えることを前提に結成

されたグループでした。

しかし、現在のところひとりの卒業生を出しただけで、補充も

入れ替えも行われておりません。


ということは、Berryz工房には「終わり」があるということです。


これは誰もが分かっていても口に出せない残酷事実です。

こんなことを書いてしまう私は、本当の意味ではファンですら

ないのかもしれません。


しかし、だからこそ彼女たちは魅力的なんだと思うんです。

私たちがBerryz工房の歌やダンスやおしゃべりと出会う瞬間は、

二度と戻ってこない、かけがえのないものなのです。


どうか、そうした瞬間瞬間を、つまんないことで壊してほしく

ないなぁ、と思うのです。STKとかね。


いや、つまんないことをグダグダ書いてしまいました。

ごめんなさい。