Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-08-07

今日の「起立!礼!着席!」は面白かったなぁ。

熊井ちゃん想像する高級な料理って、大盛りのステーキなんです

ねw

いや、でもそういうところが大好きです。

ていうか14歳の女の子だったら普通ですもんね。

[]4th愛のなんちゃら指数

聴きやすいアルバムになってました。

ただ、以前のアルバムに収録されている「蝉」とか「さぼり」みたい

な、中学生の思い出をピンポイントで攻めてくるナンバーがなかった

せいか、印象は薄まります。


おそらく「スプリンター」がそのナンバーになっていたのでしょう

けど、夏休みとか塾ではなく総体なので、聴いている人の多くが

共感できなかったのではないでしょうか。いい曲なんですけどね。


そのかわり、シングル曲がみんないいです。

アルバムには、ちょっと冒険した曲を入れてみるものですが、この

4枚目の場合は、シングルで大冒険をしちゃってます。

そのインパクトのぶんだけ、アルバムオリジナル曲が割を食って

いるような気がしました。


このアルバムのコアになる曲は、やはり「VERY BEAUTY」だと思い

ます。

Berryz工房は、一歩だけオトナの階段をのぼったのかもしれませ

んね。ここから先、どういうイメージを伝えてくれるのか、少し

怖いような楽しみなような感じです。


ただ、メンバーの大半は中学生なのですから、まだ「蝉」とか

さぼり」みたいな曲を入れてほしいなぁ、とは思いますけど。


そうそう、ラストを飾る「桜→入学式」はスケールがすごく大きく

聴こえるアレンジになっていて、大好きな一曲になりました。

SSAライブDVDを見たときから好きだったんですけど、ちゃんと

した音で聴くと、やっぱりいいですね。


第(2)成長期」から「4th愛のなんちゃら指数」までの間に、き

ちんとしたアルバムが出ませんでしたが、「ギャグ100回分」と

ジリリ」も「4th」に収録されていれば、ハロプロ史上に名を

残す名盤となっていたと思います。

ていうか、Berryzの完全ベスト盤が出ることを期待しましょう。