Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-23

[]2011夏ハロ

遅ればせながら、夏ハロのDVDを見ました。

画面に佐吉やゆうかりんが映るたびに、なんとも言えない気分に

なったのですが、まあしょうがないです。


今回の夏ハロも、大きく分けて二種類のコンセプトで興業して

いますが、私は圧倒的に「YEAH YEAH ライブ」の方が好きです。

それは、冒頭の“LOVEマシーン”で分かります。


「WOW WOW」の方は、最初に娘。だけが登場して、後から他の

グループが出てきますが、「YEAH YEAH」は最初から全員が出て

きます。


私は、スマ→ベリ→キューと唄っていき、Bメロで娘。が貫録

たっぷりに登場するパターンの後者の方が盛り上がりました。

歌割も「YEAH YEAH」の方が良かったと思います。


そして、セットリストも好みの曲がなぜか「YEAH YEAH」に

固まっていたような気がします。


もしかしたら、スマの新メンバー発表のくだりがあるために、

「WOW WOW」の方が間延びして見えたからかもしれません。


特筆しておきたいのは、アシスタントとして登場した道重さん

の、MCのまとめとフォローの安定感です。さすがにテレビに

たくさん出演しているだけあります。

(嗣永さんも芸達者ではありますが、まとめる力はまだまだです)


そういえば、娘。9期メンバーはコンサートをこなすのに精いっ

ぱいでした。しかもエースの鞘師さんが欠席という、もったい

ないことに。

秋ツアーではどんな成長した姿を見せてくれるのか楽しみです。


気になったのは、最後に全員集合するときの衣装です。

おそらく高橋さん=女王蜂からイメージして、みんなを昆虫の

格好にしたのでしょうけど、ダサかったです。

ハロプロはもっと衣装のデザインを考えるべきかと。


あと“負けるな わっしょい!”の良さも分かりませんでした。

つんく♂が和風のテイストを入れた曲は、たいてい失敗している

ように思えるのですが……



[]ブスにならない哲学

ブスにならない哲学(初回生産限定盤A)(DVD付)

ブスにならない哲学(初回生産限定盤A)(DVD付)

ビデオの方を先に見たので、その印象が強く、あらためてCDで

音を聴くと、意外とスカスカしているな、という感じがしまし

た。特にカラオケが。


ということは、この曲のノリを決めているのは、ところどころに

挿入されている男性の AH! とか YEAH! などの掛け声ということ

になります。


前回、ハロー全員で出したのは“ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!”

という、平和で祝祭的な楽曲でした。

これまでのハローメンバーがデビュー期ごとに歌い継いでいく、

ファンならグッとくる演出でした。


今回は、男性(つんく?)コーラスで煽っているように、攻撃的

な曲調です。歌詞も挑発しているようなところがあって、さすが

にAKBに追い込まれてるな、という焦りが感じられます。

(というよりネットのネガキャンに対してかも)


この曲でゆうかりんとガキさんが唄うところがとても良くて、

ゆうかりんの声が失われるのがつくづく残念であります。

あの声は彼女にしか出せない特別なものだったのに。


ビデオの演出については楽曲大賞のときに書きます。


[]甘酸っぱい春にサクラサク

映画「王様ゲーム」に使われるそうですが、どうもホラー映画

には合わないような気がしますし、卒業シーズンにはまだ遠い

ときにリリースされるのは時期外れです。


ですが、楽曲としては明るくとてもキャッチーです。

ピッコロの音を入れることで一気に学校っぽくなります。

この音だけで“マイ スクール マーチ”を思い出しました。


前にラジオで雅ちゃんが言っていたのですが、ベリキュー合同

ライブの初日、ベリが唄っているときの℃-ute ファンの茫然と

した姿を見て、これはなんとかしなくてはいけない、と奮い立っ

たそうです。


そもそも、ベリキューのどちらも熱心に応援している人はどの

くらいいるのでしょうか? 私は℃-ute が嫌いではないのです

が、基本的にはベリ一択です。

(私と逆の人も多いでしょう)


そう考えると、いったい誰得? と首をかしげてしまう楽曲

でもありますね。

2011-11-19

1990年の深夜にフジテレビで放送されていた「カノッサの屈辱」

という番組があります。

知ってる人はオッサンです。


消費文化をむりやり歴史にこじつけて面白おかしく解説する、

という内容で、バブル景気まっさかりの時代が生んだものと

言えましょう。


今日、NHKBSプレミアムでやっていたAKBの西武ドームライブ

をなんとなく見ていて思いついたのですが、現在の状況を無

理やり歴史に当てはめると、ハロプロは公家、AKBは武家と

いえるのではないでしょうか。


つまり、平安時代の終わりに武士が鎌倉幕府を作ったような

ことがアイドル界で起こっているのではないかと。


なにを根拠にそう考えたかというと、AKBの背後にある暴力性

です。

私は「マジすか学園」を見たことがないのですが、その番組で

使ったと思われる楽曲で、全員がヤンキーの格好をして唄う

ナンバーがありました。


私はヤンキーを賛美するものが大嫌いなのですが、その偏見を

横に置いても、AKBというグループは暴力と非常に親和性があ

るのではないか、と直感したのです。


一方、ハロプロはあからさまにヤンキーを称揚する楽曲は

たぶんなかったと思います。夢とか理想を唄っています。


しかし時代は、売れるためなら何でもするぜ、と唄うAKBの

天下になりました。武士が公家を倒したのであります。


では、これからずっと武家政治が続くようにAKBの時代が

続くのかといえば、それは分かりません。

武家政治の時代でも公家は貧乏ながらずっと存続していま

したし。


ネタとしては、全国各地にAKBの姉妹グループができるのは、

貴族の荘園を管理していた守護・地頭が大名になって領地の

収入を自分のものにしていく過程に似ている、とか。


狼でそういうスレが立ったら見てみたいですね。

2011-11-08

AKBの西武ドームのライブをNHKが放送していたので見ました。

45分だけだったので、全体でどういうものかは分かりません

が、お金かかってるなぁ、という印象でした。


なんというか、圧倒的な物量作戦という感じですね。

こりゃ、いまのハロプロはかなわんな、と認めざるを得ない。


ただですね、私はAKBの歌はまったく知らない人なので、それ

を加味して読んでほしいのですが、基本ユニゾンなんでしょう

か? 


正直、誰がどのパートを唄っているのか分かりませんでした。

映像で、ああこの子が唄ってるんだな、というのは分かりまし

たけど、音だけだと聴きわけられません。

(たぶんAKBヲタは、それぞれの声の特徴を聴きわけられると

思いますけど)


ハロプロだと、この歌のこのパートはこの子だろう、というの

があります。

なので、メンバーが変わった場合は違和感があることが多いの

です。


でも、NHKで放送したライブを見た限りでは、AKBの場合、誰が

どこを唄っても同じように見えました。

声の個性を押し出さないレコーディングなのでしょう。

それはアイドル集団としてアリだと思います。


あれだけ人気があるのですから、きっといいところもたくさん

あるんでしょうけど、私はハロプロに調教されてしまったせい

か、心に響いてきませんでした。困ったものです。