Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-10-13

[]飯窪さんの英作文を添削してみる

10ブログ飯窪春菜さんが英文でも発信し始めました。

最初日本語をそのまま翻訳ソフトに入れたものコピペ

していたようですが、変な文章になっていて、会社の誰かに

注意されたのか、4回目ぐらいからは(たぶん)自分の力で

書くようになりました。


私は素晴らしいことだと思います

自分言葉英語を書いて、海外のファンにもブログ

楽しんでもらいたいという気持ちに、大きな野望すら感じます

こんなに知的メンバーは飯窪さんが初めてかもしれません。


で、ずっと彼女の英作文を見ておったのですが、やはり拙い。

こうしたらもっと伝わりやすいのでは、と思って、勝手

アドバイスしてみようと思いました。


もちろん、これは揚げ足取りとか上から目線ものを言うとか

ではありません。

私自身の英作文の力も、飯窪さんとどっこいどっこいです。


ただ、中学生英語を少しだけ教えた経験があるので、基本的な

文法を伝えられたらなぁ、と思っただけです。

彼女は私のブログなんて読まないので伝わるはずもないのです

が……(ノД`))


では、10月13日ブログから添削してみましょう。


Today was a concert in Osaka!

Osaka is exciting hot most of the time.

It was fun!


I play with members in the dressing room!

I balance game or take a nap together.

I laughed a lot really.


I was messing around with bangs.

Seventy-three divided.

A straight face is the point.

これが全文です。では最初の行からいってみましょう。

()内は、こういう日本語であろうと勝手に訳してみました。


Today was a concert in Osaka!

今日大阪コンサート! )


英語ブログ場合、できるだけ主語人間である方がいいです。

Today, we play the concert in Osaka!

としてみたらどうでしょうか? 

※concert より live show の方が躍動感があるかもです。


Osaka is exciting hot most of the time.

大阪はいつもすごく盛り上がります。)


hot を入れたい気持ちは分かりますが、veryしませんか。

most of the timealways だとストレートに伝わります

(Audience of)Osaka is very exciting and always hot.

※audience オーディエンスは難しい語彙なので使わなくても

いかもしれません。


It was fun!

(楽しかった!)


I play with members in the dressing room!

(私はメンバー楽屋で遊びました!)

動詞の時制には気をつけましょう。過去形にしておきます

I played with members in the dressing room!


I balance game or take a nap together.

バランスゲームをしたり、一緒にお昼寝しました。)


ここは動詞が抜けています。あと or だとどっちかを選んで

遊んだ感じになりますから、両方やったということで and に

しましょう。take過去形にしないとですね。

I played the balance game and took a nap together.



I laughed a lot really.

(本当におかしかったです。)

辞書で laugh を引くと、laugh oneself to death

死ぬほど笑いこけた、という慣用句がありました。

I laughed myself to death.

だったら、すごく伝わるかも。


I was messing around with bangs.

(前髪で遊びました。)


過去進行形になっていますが、普通に過去形でもいいです。

I messed around with my bangs.

どうでしょうか。


Seventy-three divided.

(七三分けです。)


これだと70-3分けになってしまます

でも七三分けってググってもそれらしい英語がないんですよね。

I tried to part my hair on the side(7:3).

七三分けの意味は分からいか……

でも、写真があるから伝わるのかも。

try to ~で、~してみました的な感じになります


A straight face is the point.

(真面目な顔がポイントです。)


A straight face だと、一般的な真面目な顔、という意味

なってしまます

Keep my face straight is funny, isn't it ?

でどうですかね。

keep one's face straight で、真面目な顔をする、という

意味になります


やはり辞書を引くのが一番勉強になりますね。

がんばりましょう!