Goofballs このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-28

[]卒業

モーニング娘。卒業して、引き続き芸能活動を続けている人に、これはというような

ヒット曲がないのはどうしてか? 

あるいは、松浦亜弥が18歳以降、弾けてないのはなぜなのか? 


私が、いまの20代前半の女性心中を察するに「すでに終わってしまった感」があるの

ではないかと思う。

女子高生というブランドがなくなり、大学に進学するも、社会で働くも、もうあの頃には

戻れないという喪失感がじわりと日常から侵食し始めている。


そうすると、恋愛モテファッションの方向へ押し流されてしまうか、キャリア

積んで働くマシーンになるか、どうでもよくなってニートになるか、選択肢があまり

ない(まあ、これは男子も同じだけど)。

つまり、あんまり元気がないお年頃なのではないかということ。


そんなオンナゴコロに、流行歌はどうやって忍び込んでいるのか。

女性アイドルだって、同性に支持されなければ大ヒットは望めまい

ひとつは、自分と等身大恋愛を唄ったときだろう。あ、これアタシ、というフックが

あれば、ちゃんと聴いてくれるはずだ。


だが、ハロプロ系はアイドルという縛りがあるので、自分の恋愛体験を赤裸々に告白する

ということはタブーである。

いちど、つんく♂というオッサンのフィルターを通してから歌詞を表現しなければなら

ないので、あんまりリアルに思われないのではなかろうか。


ただ、市井紗耶香という失敗例があるので、事務所としては作詞なんかさせたくはない

だろう。彼女の場合は、売り方に間違いがあったという説も根強いけど。


これが20代後半になって、30を目前にすると、焦りや開き直りからジタバタし始めるの

だが、どうも20歳から25歳ぐらいまでは、まだ余裕があるエアポケット状態なんじゃ

ないかなーと思う。


そういう、ふわーっとした時期は、あんまり歌を求めないのかもしれない。

漠然とした不安はあるだろうから、それを突いてあげるような歌詞だったら説得力がある

のかもね。

2006-01-22

[]人を見抜く能力

ジャニーズ事務所をここまで大きくした、ジャニー喜多川という人は、少年を見て

アイドルになる素質があるかどうかを見抜ける目を持っている。

断定はできないのだが、彼が直接面接をして採用していると、ジャニーズアイドル

テレビで喋っていたのを聞いたことがある。


一方で、ジャニー喜多川は特殊な性的嗜好があると言われており、専ら10代前半の

少年が大好きだという噂である。


この二つの話を組み合わせると、ジャニー喜多川は、自分がやりてーなーと思った

少年スカウトしているのではないか、ということになる。

だが、私はそう単純なものではないと思う。

やりたい少年スカウトする少年は、重なる部分もあるとは思うが、やはり厳しい

プロの目で観察してから決めるのだろう。


じゃあ、どういう基準で決定しているのか、とジャニー喜多川に尋ねたとしても、

恐らく本人も言葉にできない直感のようなものに従っているとしか答えられないだろう。

その直感は、初めから持っていたものか、ビジネスをしている間に磨かれたものか、

もしくは両方なのかもしれない。


ということは、彼の少年を見抜く能力は、ノウハウとして後継者に伝授できるものでは

ない、ということになるまいか?


栄枯盛衰は世の習いである。

ジャニー喜多川は、不老長寿ではない。いつか必ず死ぬときが来る。

そのXデー以降、ジャニーズ事務所がずっと安泰であるという補償はどこにもない。

トップアイドルになる可能性がある少年スカウトできないかもしれないからだ。


翻って、同じように、つんく♂というオッサンの直感に頼ってメンバーを選抜している

ハロープロジェクトはどうか? 

ジャニーズ事務所と違う点は、つんく♂が最終的な決定権を握っていないということ

だろう。


その意味では、アップフロントという事務所と揉めない限りは、大丈夫ではないかと

思っている‥‥のだが、どうもこの会社はファンから見ればトンチンカンなことばかり

しているようなので、安心はできない。


あと、アイドルというものに、この先も需要があるのかどうかも、正直よく分からない。

エイベックスのような、アーティスト偽装したアイドルに変化していくかもしれないし、

男性アイドルの場合は、吉本興業などの芸人シェアを奪われる可能性もあるからね。

2006-01-19

[]フットサル

ハロープロジェクトという女性アイドルの集団から、11人選抜してフットサルのチーム

Gatas Brilhantes (ガッタス・ブリリャンチス=ポルトガル語で輝く牝猫たち?)を

作っていることは、モーヲタなら2年半ほど前に知っている話だ。


すでに芸能人同士で試合をして、何度も優勝しており、女子フットサルの普及に努めて

いる。田舎にいると、全く伝わってこないけど。


で、いまさら私がガッタスについて何を言うのかというと、特に何もないのだが、ふと

ガッタス部活だよな)と思ったので、そのことを少しばかり書く。


ハロプロメンバーの本業は歌であって、フットサルに余計な力を入れるのはどうだろう、

という意見がある。

CDを出したりライブをしたりテレビに出演することが主で、フットサルは従である、と

いうことだ。


確かに、フットサルでケガをしてしまい、コンサート握手会で痛々しい姿になっている

人もいた。もし、もっとダメージのでかいことが起きてしまえば、どうしてくれるんだ、

というファンの声ももっともだと思う。


しかし、フットサルをしているアイドルたちにインタビューした「スピリッツ・オブ・

ガッタス」という本を読んでいると、本人たちはかけがえの無い仲間たちと一緒に

試合を楽しんでいる印象を受ける。


これを読んで、私はガッタス容認派になった。

スポーツというのは、そもそもそういうものだからである。

学生の本分は勉強することだが、部活だって大いにやっていいのではないか。アイドル

そうであろう。


ただし、彼女たちはアイドルであるがゆえに、どうしても金がからむ枠組みになっている。

例えば、芸能人のオッサンで草野球チームを持っている人はたくさんいると思うが、試合を

見に行く人は、あんまりいないだろう。

やはり、アイドル同士だからこそ試合が成立している一面があると思う。


もし、そういう枠組みがなくても、今のガッタスメンバーたちは草フットサルチームを

勝手に作って、どこかの女子チームと試合をするのではなかろうか? 

私は、もし彼女たちがアイドルを辞めても、フットサルを続けていってほしいと思って

いる。

もう一度いうが、スポーツというのは、そういうものだからである。

2006-01-16

[]君はハロモニを見ることができるか? 

テレビ東京で日曜の午前11時30分から放送されている「ハロー!モーニング。」という

番組がある。モーニング娘。レギュラーで出演している、ほぼ唯一のテレビ番組だ。

(もうひとつは、深夜に放送されている「娘DOKYU!」)


モーニング娘。が好きでないと、まず見ようという意欲が湧かない番組なのだが、モーヲタ

にとっては心の拠りどころであり、面白かった回の内容は、ネット上で熱く語られることも

多い。


しかし、私の住んでいる四国松山では04年3月に放送終了してしまった。

いまは首都圏に住む友達に頼んで録画して、DVDを送ってもらうことで、かろうじて見る

ことができている。


では、全国で「ハロー!モーニング。」を見ることができる人は何人いるのだろう? 

調べてみた。以下の都道府県は、「ハロー!モーニング。」が現在放送されているところ

である。

都道府県人口
北海道563万2133人
宮城県234万7970
福島県210万7800人
東京都1216万8247人
千葉県601万4584人
埼玉県699万6528人
神奈川県864万4031人
茨城県298万9729人
栃木県200万8036人
群馬県202万0734人
新潟県244万5807人
富山県111万6387人
愛知県706万2762人
岐阜県210万6293人
三重県185万8026人
大阪府865万1301人
滋賀県135万9273人
奈良県143万4548人
和歌山県106万7114人
鳥取県61万2191人
島根県74万7469人
岡山県195万5317人
香川県102万7405人
広島県286万8251人
福岡県501万4179人
熊本県185万7998人
合計9211万4113人

総務省平成17年住民基本台帳による人口統計による)


合計9211万4113人が視聴可能地域に住んでいる、という結果だ。

(なお、未放送地域が例外的に視聴できる場合は除く)

日本人口が1億2686万9397人ということなので、単純に計算すると全国の72.6%をカバー

していることになる。

意外と多い。


というのも、東京名古屋大阪の三大都市圏の人口が6307万2638人なので、全人口

49.7%≒半数は都会に集中しているのだね。

田舎に住むということは、ただそれだけで損をしているのだ。


で、視聴可能な9211万人のうち、平均視聴率が1%ぐらいだとすると、約90万人が毎週

楽しみに見ているということになる。

見ている10人に1人がCDを買ったら、実売9万枚ぐらいか。

これが全国のモーヲタ(軽いファンも含む)の実数なのかもしれない。


それにしても、四国人口って福岡県にすら届かんのやね‥‥。

そりゃ、放送も打ち切られるわなw

http://d.hatena.ne.jp/asamiiro/20060119

2006-01-05

[]早生まれ

先月末に、プロスポーツの選手は春生まれが有利である、ということを書いた。(参照)

以下の表のように、4~6月生まれの選手が多く、1~3月生まれの選手は少ない。

生まれ月プロ野球Jリーグラグビー
1~3月13.86%13.96%22.39%
4~6月36.47%37.74%25.16%
7~9月29.54%30.75%26.44%
10~12月20.13%17.55%26.01%

プロ野球12球団756人、J1・18チーム530人、ラグビー469人を調査)


その後、ガッタスなどの芸能人フットサルチームはどうなんだろう、と思って調べてみた。

結果は次の通り

生まれ月GatascarezzaXANADUchakuchakuFANTASISTAdreamミスマガYJASAIYOTSUYA蹴竹合計
1~3月5333148334643
4~6月3584112423437
7~9月1120543534028
10~12月2637555311543

この表は、スフィアリーグオフォシャル・ウェブサイトに記載されている、選手一覧の

誕生日を見て作成した。ただし、ASAI RED ROSE に一人だけ誕生日が記載されてない選手

がいたので、その選手だけ除外した。


では、二つの表を合体させてみよう。

生まれ月プロ野球Jリーグフットサル
1~3月13.86%13.96%28.48%
4~6月36.47%37.74%24.50%
7~9月29.54%30.75%18.54%
10~12月20.13%17.55%28.48%

プロ野球12球団756人、J1・18チーム530人、フットサル151人を調査)


この表から、芸能人フットサル(女子)の場合、7~9月生まれが極端に少ないことが

分かる。

どっかで、アイドルは冬生まれが多い、という話を聞いたことがある。どうなんだろう。


ただ、スフィアリーグサイトでは、アイドルではなく芸人もいたし、写真が記載されて

いない子もいたので、いちがいにアイドルとひとくくりにするわけにはいかない。

しかも、私は芸能人女子フットサルについては、ほとんど何も知らないので、もし間違い

などがあったら、ぜひ教えていただきたいものです。