「と」にも書くにモ。Deep!

「と」にも書くにモ。Deep! 2004/4/24~ 古いネタは上で検索。
ネタバレしますよ!
モーニング娘。とかのサイト。「と」のレポとか長くなるようなものをコチラに。あとは妄想、憶測、欲望のままに。
それつけG掲示板
携帯からコメントは入れられないみたい?
思いつくままの書き散らしサイト”「と」にも書くにモ。”はこちら
MENU ■ここについて ■wayback ■あんてなに追加 ■リンク: ■真祖 . ■西現 .
1/4中野朝、1/6中野昼、1/29横浜昼夜、2/11日青昼3/5戸田夜
2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 02 | 03 |
2008 | 07 |

2004-05-16 Sun

[][][][]アリゾナの裏魔法 02:34

噂話ぐらいは見たことがあると思う。あいぼんが同級生と結婚し引退するって。何年か前からずーっと、噂系の掲示板で繰り返しながれてたやつ。99%信じてなかった人も残りの1%疑っていたんじゃないかな?でもまあ結婚できる歳になってもあいぼんは引退してない。そう、引退はしてない。でも・・・?


「のん、つきあわせちゃって・・・悪いね」

移動中のマイクロバスの中で、あいぼんが窓の外を眺めながらのんに言う。雨は止む気配はない。これじゃ残ってた桜も散ってるかな。

「なに言ってんの。これから二人でやっていくのOKしてくれたじゃん。のん嬉しかったよ。あいぼんがそう言ってくれるなんて思ってなかったもの。ぜんぜんノープロ。それに・・・。あいぼん、こっち見て」

 のんはあいぼんをのんのほうにちゃんと向かせて、そして言った。

「みんなあいぼんには幸せになってもらいたいんだよ。カオリンも、ヤグチさんも、中澤さんも、おばちゃんも、ごっちんも、梨華ちゃんだって、よっちゃんだって、5期や6期のみんな、それにハローのみんなや、つんくさん、スタッフさんたち、みんなあいぼんが大好きなんだもん。TVのスタッフさんだってそうだよ。あいぼんがこんなにいい子なんだもん。だれも反対なんかしてないよ。」

 あいぼんはのんの目をじっと見て聞いていた。もううるうるきてる。こないだのハロモニの収録といい涙腺がゆるくなってるなあ。まあ、むりもないか。あいぼん、責任感あるもんね。今回の件では何かおいめとかしょっちゃってるんだろうね。そんな必要ないのに。救われてるのは私たち、ううんのんの方なのに。

「ほんとはね、ちゃんとみんなで盛大にお祝いしたいとこだったけどさすがにそれはね。だから収録の合間で申し訳ないんだけど」

「収録の合間だなんて。この収録の企画自体が亜依のためじゃない。」

 そう、あいぼんからその話があった時、それでもなんとかしてあげたいと思っていたらおばちゃんが教えてくれた。「番組でやっちゃえばいいのよ」って。

「あんんた達でプランたてて、衣装着てっていう企画なら、食いつくわよ?」

おばちゃんそういうとばっちりウインク決めてきたので二人でオエーってやったけど、とびついちゃった。のんたちから口にするのもなんだから安倍さん経由で日テレスタッフにそれとなく吹き込んでもらって。話はトントン拍子にすすんでいった。

 二人で式場のプラン選んで、お料理選んで。招待客もほとんどダミーなんだけど中には数人本当に親しい人を呼んで。衣装合わせも二人でして。そう、衣装合わせ。実は、あいぼん用とあたし用のドレスとスーツを一応用意してあった。

「あ、すみません、のん、ここでおります!忘れ物!」

マネージャーさんは運転手さんと軽くうちあわせて、のんは一人で降りる。あいぼんとはここで一旦お別れだけど、すぐに後を追って会場に潜りこまないと。タクシーを捕まえなきゃと通りを振りかえったら、軽くクラクション。見るとちっさい車の運転席で中澤さんが手を振っていた。

収録会場となったホテルには従業員入り口から潜りこんだ。「はよいき」という中澤さんの声に促されてのんは駆け出した。まわりには人もいたんだけど誰ものんを止めなかったどころか、場所を誘導してくれた。中澤さん、いつの間に打ち合わせしたんだろう。ホテルのクリーニングスタッフ用の服に着替えて帽子を目深にかぶり、機材を持って現場へ。おお、あいぼんぷりちー!

作戦はこう。のんが遅れていくでしょう?そういうことでのんなしでリハーサル開始。んで、ここであいぼんが言うわけよ。「のんの替わりにリハの間だけドレス着て新婦やってもいいですか?」まあ、最初のリハは別にカメラにはいった状態とか見るだけだもんね。新郎と新婦が揃っていればいいんだもん。

スタッフは目についたエキストラを呼び寄せてテスト開始。のんは思わずガッツポーズ。スタッフの中にも何人か作戦を知ってる人はいるとはいえ、うまくいってほっとしたよー。かるーく全部ながして、その後のんがこないので、のんとあいぼん以外のシーンを打ち合わせてる。ちゃーんす!

のんは本物の神父さんをつれていくとあいぼんとエキストラさんをあらためてその前に立たせた。はたから見てるとああ、また娘。さんなんか遊んでるなあって見えてると思う。そのまま、誓いの言葉、指輪交換(キスはさすがにおあずけ!)あとはカメラ撮影だけどー、うーんのんの携帯のカメラっでって思ってたけどちょっとなー。とか考えていたら「お、出番?」とかいう声が背後から降ってきた。やっばー、もう取材のカメラマンさん来ちゃったの?こんなの撮られたらワイドショーもんだよー!

「ほら、辻ちゃんあんたもはいっちゃいなさい」って聞いたことある声・・・。

「おばちゃん?なんでここに?」

「いいからほら、ケメコにおまかせよ!」おばちゃんは素早くポーズを決めさせると一気に撮り終えた。

あいぼん、おめでと!きみ、あいぼんのこと泣かせたら承知しないぞ!じゃ辻ちゃんあとはよろしくね」いうが早いかおばちゃんはあっと言う間に神父さんつれていなくなった。

のんはあっけにとられて口開けてみてた。それはあいぼんも同じで。二人で目があったとたん笑っちゃった。スタッフさんに発見されちゃったけど大丈夫、エキストラの彼は離れてる。

「すみませーん!新婦、辻希美ただいま到着いたしましたー!で、のんの衣装はこれでいいんですか?」

「ちげーよ!」

期待したとおりのつっこみを受けながらのんは作戦の成功に酔いしれていたの。

それから後はみんな番組やら雑誌やらで知ってるよね。

でもね、本当はあそこであったのは、あいぼんあいぼんのだんなさんの結婚式だったんだよ。だれにも言っちゃだめだからね。

mugyomugyo2004/05/18 21:48むむむ。なかなか読み応えがある。エキストラの彼の印象がうすいよー。そうか、そこに自分をあてはめろって罠だな。気をつけねば。。。

t0narit0nari2004/05/18 22:47いや、個人的に加護ちゃんのダンナなんてリアルに考えたくなかっただけ(汗

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2006 | 02 | 03 |
2008 | 07 |