Hatena::Groupsoreni

Solaris娘。

         , ‐──..、─-.、
        /::::::::::::::::::::;、::::::::ヽ
       /:::::::ノノ:::::::::::::| \::::::ヽ
       /:::ノ;::/;;ノ::ノ:ノ  ヽ:::::ヽ
    ☆ノハヽo ⌒    ⌒ Y:::|
    川'v') ┳     ┳ ih|
     人'Υ ノi,          !リ
    (^)∪∪(^)    V    ノ/
      /' ̄| レ`     _,.ィ:((
     /   | .|、    √ヾ:::);:)
    /  ,' l .|~゙'-、__,,/  (:::( \
    /  /  | |    /__ ):ノ、  ヽ
──(   ̄ ̄ ̄| ̄ミ)⌒)  ̄ ̄   )──
    ` ───'" ̄ ⌒──── ´

ここは、モー娘。&OGの85年組の私的YESサイトです。
ここは、モー娘。六期メンバーのファンサイトです。
ここは、モー娘。&OGの道産子応援サイトです。

駒澤体育館座席の情報を求めて来たかたはこちらの拾い物をどうぞ。
Solaris10 + emacs + iiimecf + ATOKの設定は04月21日/27日の日記をどうぞ。
カジュアルディナーショーレポ 藤本美貴 / 松浦亜弥 / 石川梨華 1 2 3

2008-02-06

Solaris10(Nevada73(81もOK))でスキャナを使うという話 20:16 Solaris10(Nevada73(81もOK))でスキャナを使うという話 - Solaris娘。 を含むブックマーク はてなブックマーク - Solaris10(Nevada73(81もOK))でスキャナを使うという話 - Solaris娘。

ブログ作ろうとしたら、デジカメとスキャナは欲しい。

日頃から使い慣れたSolaris 10で取り込みができれば言うことなし。

環境

ハード:Sun Blade 1000

    CanoScan N656U usb接続

OSとソフト

□OS

takikawa$ uname -a

SunOS takikawa 5.11 snv_73 sun4u sparc SUNW,Sun-Blade-1000 Solaris

□コンパイラ

takikawa$ gcc --version

gcc (GCC) 4.2.2

ソフトウェアインストール

ソフトはSANEを使う。

SANEとは、Scanner Access Now Easy、の略。

http://www.sane-project.org/ からsane-backends-1.0.18.tar.gzを取得、展開。

あとはREADME.solarisに書いてある通り。

USB接続なので、libusb.so.1を使えるように設定する。

ライブラリ、ヘッダの位置。

/usr/sfw/lib/libusb.so.1

/usr/sfw/include/usb.h

環境変数設定。

LD_LIBRARY_PATH=/usr/sfw/lib:$LD_LIBRARY_PATH

CFLAGS="-I/usr/sfw/include"

CPPFLAGS="-I/usr/sfw/include"

LDFLAGS="-L/usr/sfw/lib -R/usr/sfw/lib -lusb"

export LD_LIBRARY_PATH CFLAGS CPPFLAGS LDFLAGS

インストール先は/opt/saneにしとく。

./configure --prefix=/opt/sane

make

sudo make install

設定

コンパイル&インストールが終わったら設定開始。

prtconfでスキャナが現在どのようなdevice nameで認識されているか調べる。

takikawa$ prtconf -D -v

device, instance #0 (driver name: usb_mid)

Driver properties:

name='pm-components' type=string items=3 dev=none

value='NAME= usb_mid0 Power' + '0=USB D3 State' + '3=USB D0 State'

Hardware properties:

★name='compatible' type=string items=9

value='usb4a9,2206.100' + 'usb4a9,2206' + 'usbif4a9,classff.0.ff' + 'usbif4a

9,classff.0' + 'usbif4a9,classff' + 'usbif,classff.0.ff' + 'usbif,classff.0' + 'usbif,classff' + 'us

b,device'

注目すべきは★印。usb4a9,2206.100を覚えておく。

先ずは使われていないugenドライバを外す

takikawa@ sudo rem_drv ugen

事前にprtconfで調べた名前をugenドライバ渡してドライバ追加

takikawa@ sudo add_drv -i 'usb4a9,2206.100' ugen

認識チェック

takikawa$ sudo /opt/sane/bin/sane-find-scanner

# No SCSI scanners found. If you expected something different, make sure that

found USB scanner (vendor=0x04a9 [Canon], product=0x2206 [CanoScan], chip=LM9832/3) at libusb:/dev/u

sb:4a9.2206/0

# Your USB scanner was (probably) detected. It may or may not be supported by

# SANE. Try scanimage -L and read the backend's manpage.

# Not checking for parallel port scanners.

SCSIでは見付からず、パラレルポートはチェックされない。

無事認識されている様子。

再起動後にも正しく認識されるためには/etc/driver_aliasesに登録しておくことが必要。

takikawa$ tail -1 /etc/driver_aliases

ugen "usb4a9,2206.100"

登録されてる。OK。

これらのコンパイルには、以下二つのパッケージが必要。

 SUNWlibusb

 SUNWlibusbugen

動作確認のために取り込み。

取り込みにはbackendではなく、sane-frontendパッケージに含まれるxscanimageで。

おまけ

モジュールデバッガ

# mdb -k

> ::prtusb -v -t -i 4

INDEX DRIVER INST NODE VID.PID PRODUCT

4 ugen 0 device 04a9.2206 CanoScan

usba_device: 0x1704000

mfg_prod_sn: Canon - CanoScan - NULL

device, instance #0 (driver name: ugen)

/pci@8,700000/usb@5,3/device@3

dip: 0xc23c30

ugen_errlevel: 0x4

> ::quit